北海道大学病院リハビリテーション部 Hokkaido University Hospital Rehabilitation Services Administration

ABOUT US

北海道大学病院リハビリテーション部は9名のリハビリテーション医師、17名の理学療法士、10名の作業療法士、 5名の言語聴覚士、1名のソーシャルワーカーによって構成されています。(2017年4月現在)
対象疾患は幅広く、運動器障害、中枢神経系障害、内部障害、精神障害等に対するリハビリテーション訓練が32診療科より処方されます。
大学病院の特性として、急性期の患者さんを対象とすることが多く、身体障害に対する入院と外来の比率は86%:14%です。

施設概要

診療科別処方比率2017年度

理学療法処方比率(全3240件)
身障作業療法処方比率(全1230件)
言語療法処方比率(全765件)

部門構成

リハビリテーション部は以下の4部門より構成されています。

  • リハビリテーション部
  • 理学療法
  • 作業療法
    (身体障害)
  • 言語聴覚療法
  • 作業療法
    (精神科)

施設基準

  • 脳血管疾患リハビリテーション I
  • 運動器リハビリテーション I
  • 心大血管疾患リハビリテーション I
  • 呼吸器リハビリテーション I
  • 廃用症候群リハビリテーション Ⅰ
  • がんリハビリテーション
  • 早期加算
  • 初期加算
  • 早期離床・リハビリテーション加算

リハビリテーション部スタッフ

部長 生駒  一憲 (教授 医師)
副部長 池田    聡 (准教授 医師)
助教 千葉 春子(医師)
技師長 大澤恵留美(言語聴覚士)
副技師長 由利   真     (理学療法士)
千葉 健 (理学療法士)
吉田 奈美(作業療法士)
主任 堤 昌恵 (言語聴覚士)
堀 弘明   (理学療法士)
小川 圭太(作業療法士)
理学療法士
小島 尚子
阿部 隆宏
河内 綾乃
原田 裕子
藤内 宏典
喜澤 史弥
高川 裕平
畠沢 瑠津
西嶋 愛
佐橋 健人
大須賀 聡
古山 勇気
近藤健一朗
作業療法士
武井 早紀
佐藤 なるみ
本谷 卓郎
富永 巧
清水 彩
杉田 千秋
西川 玲奈
山上 未有
言語聴覚士
辻澤 陽平
高澤 利菜
田原 翼
MSW
玉川 侑那

(2019年7月)