平成29年度 専門医・認定臨床医生涯教育研修会

■開催日 平成30年3月3日 (土) 13:30~16:30
■会場 北海道大学学術交流会館 第1会議室(札幌市北区北8条西5丁目)
■担当幹事 菅沼 宏之

■教育講演

「神経筋疾患における喉頭内視鏡検査―診断および嚥下と呼吸へのアプローチについて―」

東京慈恵会医科大学内科学講座(神経内科) 特任准教授 谷口 洋 先生

「ロボットを含む医療機器の活用による、効果的で効率的リハビリテーションへのチャレンジ」

札幌渓仁会リハビリテーション病院 副院長 橋本 茂樹 先生
        同        リハ科 白坂 智英 先生

「慢性疾患治療法としての運動:その科学的根拠の蓄積」

北翔大学大学院 生涯スポーツ学研究科 教授 沖田 孝一 先生

■認定単位 3講演30単位
■受講費 10単位1500円,20単位3000円,30単位4000円.別途参加費1000円が必要です.
■問合せ先 日本リハビリテーション医学会北海道地方会事務局(北海道大学病院リハビリテーション科内)
       Email:jarmhok@med.hokudai.ac.jp ➤メールソフトが立ち上がります
■認定臨床医の認定に関する内規第2条2項2号に定める指定の教育研修会(必須以外)に該当します.
  ➤認定臨床医受験資格についてはこちら

▲ページの先頭へ戻る

 

第37回日本リハビリテーション医学会北海道地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会

■日時 平成30年4月14日 (土) 13:30~
■会場 北海道大学医学部学友会館「フラテ」 フラテ大ホール(札幌市北区北15条西7丁目)
■担当幹事 憲 克彦

■教育講演 13:30~15:30

「肩関節のリハビリテーション -最近の知見を含めて-」

北海道大学大学院医学研究院整形外科学教室 瓜田 淳 先生

「嚥下障害と誤嚥性肺炎―治療と予防の最前線」

国立研究開発法人 国立国際医療研究センターリハビリテーション科 藤谷 順子 先生

■一般演題募集要項
【申込期間】平成30年1月15日(月)~3月7日(水)
【筆頭演者】日本リハビリテーション医学会会員であることが原則ですが,非医師の場合は非会員でも共同演者に会員が含む場合は筆頭演者になることができます.この場合,申し込み内容等について事務局から共同演者の会員に問い合わせをさせていただくことがありますのでご了承下さい.医師の場合は会員に限ります(未入会の場合は入会して下さい ➤入会についてはこちら).
【共同演者】特に制限はありません
【申込方法】抄録を Microsoft Word で作成し,ファイルを電子メールに添付して下記までお送り下さい.
 抄録には,演題名,演者所属,演者名,抄録本文を明記して下さい.
 抄録本文は必ず400字以内として下さい(図表は使用できません).
 送付先メールアドレス:jarmhok@med.hokudai.ac.jp ➤メールソフトが立ち上がります
  送付先名:日本リハビリテーション医学会北海道地方会事務局
  演題受領時にその旨をメールでご連絡します.3日経過しても連絡がない場合は事務局にお問い合わせ下さい.
■認定単位
 本会参加で10単位(筆頭演者はさらに年度末自己申請により1演題10単位).生涯教育研修会は、1演題につき10単位.
 (単位申請時に専門医・認定臨床医の登録番号が必要ですので各自にて必ず番号を控えてご来場下さい)
 認定臨床医の認定に関する内規第2条2項2号に定める指定の教育研修会(必須以外)に該当します.
   ➤認定臨床医受験資格についてはこちら
■参加費 2,000円(研修単位希望者は2講演で 3,000円の受講費が別に必要です)
■問合せ先 日本リハビリテーション医学会北海道地方会事務局(北海道大学病院リハビリテーション科内)
  Email:jarmhok@med.hokudai.ac.jp ➤メールソフトが立ち上がります

▲ページの先頭へ戻る

 

第38回日本リハビリテーション医学会北海道地方会ならびに専門医・認定臨床医生涯教育研修会

■日時 平成30年9月1日 (土)
■会場 北海道大学医学部臨床大講堂(札幌市北区北14条西6丁目)
■担当幹事 池田 聡
■一般演題募集 あり(募集要項は決まり次第掲載します)

■教育講演 2題予定(詳細は決まり次第掲載します)

▲ページの先頭へ戻る